フランチャイズで独立を考える




増えるフランチャイズ

フランチャイズと聞いて1番に思いつくのは、ファーストフード店ではないでしょか。世界で初めてフランチャイズという新しい事業形態を確立したのが、とあるファーストフード店でした。キッカケは、目玉商品のレシピを各地のレストランの経営者や従業員に調理法を教え、歩合を得たことからでした。そもそもフランチャイズとは、本部と加盟店の2者で成り立つ事業形態となります。本部は、加盟店に対して今までブランドとして積み上げて来た商標および経営のノウハウ、店舗イメージを提供する代わりに加盟店側が「ロイヤルティ」を支払う形となります。

「ロイヤルティ」とは、特許権や商標権、著作権などに支払う対価のことであり、金額は提供されるプランによって異なってきます。そのため同一の企業が運営しているように見えますが、あくまでも個々に独立した事業者となります。今では、ファーストフーフード店やレストランなどの外食業以外にもコンビなどの小売業、クリーンサービスや美容業などのサービス業などと多種の業種にフランチャイズは存在します。のノウハウを身につけられるため、開業当初から安定した経営を期待することが出来るからではないでしょうか。

これらのフランチャイズ店舗数の合計は約23万店舗といわれており、売上高は約20兆円にも上っているといわれています。ここまでフランチャイズ事業が増え続けることが出来たのはなぜでしょうか。その理由は新規事業を検討している法人や、会社員で独立を考えている個人でも比較的低コストで開業でき、本部からの商標などのブランド力および経営などに関してのノウハウを身につけられるため、開業当初から安定した経営を期待することが出来るからではないでしょうか。

 

▽特選サイト
買取ビジネスでフランチャイズに加盟したい方を募集しているサイトです・・・フランチャイズ募集サイト

チェーン店との違い

フランチャイズとチェーン店に違いはあるのかと疑問に思う方がいると思います。チェーン店は2種類存在し、「レギュラーチェーン」と「ボランタリーチェーン」があります。ほかにも似た形態でいうと「代理店」があります。それぞれの・・・

制約の多い事業形態

独立を考えている個人の方は多いと思います。そのため、インターネット上ではたくさんの独立・企業を進めるフランチャイズの情報があります。インターネット上の情報だけでは、メリットにしか目がいかないのが事実です。検討して・・・

契約をする前に

フランチャイズ契約を結ぶ前に確認しておくべき項目はたくさんあり、重要なものとなります。フランチャイズで本部からの指導、協力があるからと安易に契約をするのは大きな間違いになります。大前提として自身が独立した経営・・・